南国リゾートで英語を磨く

旗

最短で英語力を上げるには

日本ではリゾート地としても人気のフィリピン・セブ島は、近年語学留学先としても注目が高まっています。今回は留学先としてのセブ島の特徴をご紹介します。・費用が抑えられる英語圏の留学先として、一般的な欧米やオーストラリアは、いずれも物価が高いため留学費用もかかります。一方、セブ島の物価は日本の3分の1〜2分の1と安く、その分学費や滞在費も安く済みます。・1週間から留学可能欧米やオーストラリアに語学留学する場合の期間は、最低でも12週間からと言われており、時間の確保が難しいという点もネックになります。しかし、セブ島は日本から飛行機で4時間半と地理的に近く、短期留学向けのプログラムも充実しているため、1週間〜3ヶ月ほどの短期留学が可能です。・学習効果が高いフィリピンはアメリカの植民地だった歴史があり、現在でも小学校からほとんどの授業は英語です。そのため、国全体でアメリカ英語が浸透しており、自然な英語を身につけやすい環境です。また、平日は毎日8時間のマンツーマンレッスンを受けられる学校が多く、短期間でも集中的な英語力向上が期待できます。・手配が簡単セブ島では30日以内の滞在であればビザは不要です。欧米圏の多くの国ではビザが必要で、取得まで半年近くかかることもあります。また、宿泊施設と学校とがセットになっているところも多く、個別に手配する手間が省けます。以上のように、セブ島は生きた英語を学べる環境にありながら、費用は安く抑えられ、思い立ったらすぐに留学準備が整うという魅力的な留学先です。

Copyright© 2017 効率的に英語を勉強するなら語学留学がイチオシ! All Rights Reserved.